受賞スピーチ

「IT国際調査報道 普及の契機に」

新聞協会賞受賞スピーチ

朝日新聞社・峯村健司氏

朝日新聞社・峯村健司氏が11月17日、新聞協会賞贈賞式で受賞スピーチをしました。「新型コロナウイルス禍で海外取材ができなくなった。そこで目を付けたのが「IT国際調査報道」という手法だった。インターネット上の情報をつぶさに調べ、通話アプリなどを使って取材対象者に迫った。受賞作が日本のメディア全体にとりプラットフォーマーとの関係性を考え、IT国際調査報道を普及させるきっかけとなることを願う」と語りました。

<受賞者>

峯村健司(みねむら・けんじ)氏

朝日新聞東京本社
編集局編集委員
「LINEの個人情報管理問題のスクープと関連報道」の取材班代表として、2021年度新聞協会賞を受賞。

(2022年1月14日)