受賞スピーチ

「地道な取材通じ、矛盾を丁寧につぶす」

新聞協会賞受賞スピーチ

中日新聞北陸本社・酒井和人氏(前名古屋本社)

中日新聞北陸本社・酒井和人氏、西日本新聞社・竹次稔氏が11月17日、新聞協会賞贈賞式で受賞スピーチをしました。
酒井氏は「きっかけは西日本新聞社に届いた愛知県知事のリコール署名の偽造に関する男性の証言だった。関係者を訪ね、少しずつ信頼関係を築いた。集まった証言に矛盾があれば一つ一つ丁寧につぶした。従来の取材手法と、オンデマンド調査報道(JOD)という新たな手法の組み合わせが一連の報道を可能にした」と語りました。

<受賞者>

酒井和人(さかい・かずと)氏

中日新聞北陸本社
編集局報道部長(前名古屋本社編集局社会部次長)
「愛知県知事リコール署名大量偽造事件のスクープと一連の報道」の取材班代表として、2021年度新聞協会賞を受賞。

(2022年1月14日)