受賞作品紹介

「五輪汚職」疑惑を特報

【新聞協会賞 ニュース部門】読売新聞東京本社・稲垣信氏(取材班代表)
「五輪汚職事件」を巡る一連のスクープ

日本新聞協会は9月7日、2022年度の新聞協会賞を読売新聞東京本社の稲垣信氏(取材班代表)らに贈ると発表しました。

読売新聞東京本社は、東京五輪の組織委員会理事とスポンサー企業の間で不透明な資金移動があり、東京地検特捜部が捜査を進めている事実を2022年7月20日付朝刊で特報しました。

世界的に注目を集める五輪を舞台にした贈収賄疑惑を察知し、検察だけでなく幅広い関係者に裏付け取材を重ねました。容疑者逮捕の1か月近く前のスクープは、日本にとどまらず世界に大きな衝撃を与えました。

巨額の五輪マネーに厳しい視線が注がれる中、日本のスポーツビジネスの第一人者に疑惑が持たれている事実をいち早く国民に知らせた報道として高く評価されました。

<受賞者>

読売新聞東京本社
五輪汚職事件取材班
(代表)編集局社会部主任司法キャップ

稲垣信氏

(2022年9月8日)