1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞協会報(週刊)・紙面モニターから

新聞協会報(週刊)・紙面モニターから

新聞協会は2013年4月から、在京6社(朝日、毎日、読売、日経、産経、共同)の記事・紙面審査担当者6人に、加盟紙のモニターを委嘱しています。「紙面モニターから」は、6人のモニターが新聞協会機関紙『新聞協会報』に月1回執筆するコーナーで、加盟各紙が論じた重要テーマについての論調を紹介しています。
日付は掲載された『新聞協会報』の発行日です。

2017年

05月09日付 疑惑解明は国会の責務 - 泥沼化する国有地売却問題
04月04日付 業界の過重労働改善を - 宅配大手のサービス見直し
03月07日付 安保を評価、通商に懸念 - 安倍・トランプ両首脳が初会談
02月07日付 一国主義の危うさ指摘 - トランプ氏、米大統領に就任
01月17日付 持続可能な社会を目指せ - 地方各紙の新年号紙面
01月10日付 「分断」をどう超えるか考察 - 在京6紙の新年号紙面

2016年

12月06日付 「米国第一」主義に懸念 - 米大統領にトランプ氏
11月01日付 核燃サイクル在り方問う - 高速増殖炉もんじゅ抜本見直し
10月04日付 選択に堪える政策示せ - 民進党新代表に蓮舫氏
09月06日付 国民的な議論を尽くせ - 天皇陛下、生前退位の意向
08月02日付 早急な改憲発議に「待った」 - 与党圧勝の参院選
07月05日付 各紙とも「当然」で一致 - 舛添都知事が辞職
06月07日付 原則守り粘り強い交渉を - 領土問題巡る日露首脳会談
05月10日付 司法の揺れに懸念も - 川内原発の運転差し止め棄却
04月05日付 人の復興 再生の起点に - 東日本大震災から5年
03月01日付 幕引きは許されない - 甘利経済再生相が辞任
02月09日付 国際社会は連携し対応を - 北朝鮮、4度目の核実験
01月19日付 憲法、民主主義を見つめ - 地方各紙の新年号紙面
01月12日付 直面する試練を考察 - 在京6紙の新年号紙面

2015年

12月01日付 関係改善へ努力継続を - 3年半ぶりに日中韓首脳会談
11月03日付 自由貿易圏 期待と懸念 - TPP大筋合意
10月06日付 撤回求め、批判が噴出 - 財務省の消費税還付案
09月01日付 平和国家として歩む - 戦後70年の「8月15日」
08月04日付 責任の所在、明らかに - 新国立競技場計画を白紙撤回
07月07日付 未来は若者政治参加が鍵 - 18歳に選挙権、改正公選法が成立
06月02日付 近代日本への評価を歓迎 - 明治の産業施設、世界遺産勧告
05月12日付 成長にらみ積極関与論 - AIIB、日本政府の判断は
04月07日付 置き去りにしない - 東日本大震災4年
03月03日付 残虐行為を厳しく非難 - 「イスラム国」邦人人質事件
02月03日付 表現の自由へのテロ許すな - 仏週刊紙本社の襲撃事件
01月20日付 戦後70年、地域の視点で - 地方各紙の新年号紙面
01月13日付 戦後70年、多彩な視点で - 在京6紙の新年号紙面

2014年

12月09日付 安倍政治を問う論調多く - 首相が衆院解散表明、総選挙へ
11月04日付 言論機関の決意を表明 - 第67回新聞週間
10月07日付 経済再生、地方創生に焦点 - 第2次安倍改造内閣が発足
09月02日付 不戦の誓いを新たに - 69回目の終戦記念日
08月05日付 「暴挙」か「適正化」か - 集団的自衛権を閣議決定
07月01日付 拉致問題の前進に期待 - 日本人の安否再調査で日朝合意
06月03日付 集団的自衛権容認に賛否 - 67回目の憲法記念日
05月13日付 「原発ゼロ」転換を批判 - エネルギー基本計画を閣議決定
04月01日付 理研は全容解明を急げ - STAP細胞論文に疑惑
03月04日付 手堅く現実的な都民の選択 - 東京都知事に舛添氏
02月04日付 沖縄県知事の承認に賛否 - 米軍普天間飛行場の辺野古移設問題
01月21日付 政治・経済の先行き懸念 - 地方各紙の新年号紙面
01月14日付 混迷の時代、内外に難問 - 在京6紙の新年号紙面

2013年

12月03日付 問題指摘、廃案主張も - 秘密保護法案、衆院を通過
11月05日付 一体改革の実現を - 首相、消費税8%を表明
10月01日付 真の復興を世界に示せ - 2020年夏季五輪、東京に決定
09月03日付 戦争と平和を考え続ける - 68回目の「終戦の日」
08月06日付 経済政策に期待感大きく - 参院選、自民圧勝で「ねじれ」解消
07月09日付 特区、原発、農業に賛否 - 真価問われるアベノミクス
06月04日付 改憲論議の成熟度を問う - 憲法改正、参院選の争点に
05月14日付 日本の主張、盛り込めるか - TPP交渉参加に向けて
ページの先頭へ