1. トップページ
  2. 日本新聞協会について
  3. 表彰事業
  4. 2022年「地域貢献大賞」読者推薦 募集要綱

2022年「地域貢献大賞」読者推薦 募集要綱

今年の募集は終了しました。多数のご推薦ありがとうございました。

日本新聞協会では、新聞販売所・スタッフが行っている地域貢献活動を募集しています。
全国の新聞販売所では、新聞配達のほかに、高齢者や地域の見守り、ミニコミ紙の発行、清掃・美化活動、地域交流イベントの開催など、地域に根差したさまざまな活動を行っています。「地域貢献大賞」は、そんな活動に対して贈られます。
今年の地域貢献大賞の候補に、あなたの町の新聞販売所・スタッフの活動を推薦してください。

推薦内容

募集要綱 今年の募集は終了しました。

推薦内容 (1) 活動内容
(2) 新聞販売所の名称または配達している新聞名
(3) 推薦者の氏名・住所・電話番号(昼間連絡のとれる連絡先)
推薦方法 上記応募フォーム、はがき、封書、ファクス、メール
締め切り日 2022年4月28日(木)必着
発表 10月6日(木)以降、受賞した貢献活動は日本新聞協会ホームページ、新聞紙面で発表いたします。
お問い合わせ・送付先 〒100-8543(住所不要)日本新聞協会「地域貢献大賞」係
  電話:03-3591-4405
  FAX:03-3591-6149
謝礼 受賞活動発表後、地域貢献大賞を受賞した活動を推薦された方には1万円分の、地域貢献賞を受賞した活動を推薦された方には5千円分の図書カードを差し上げます。
  • ご提供いただいた個人情報は、本賞以外の用途には使用いたしません。

2021年「地域貢献大賞」受賞活動

2021年の地域貢献大賞には、1983年から続けているミニコミ紙の活動期間の長さとともに、隣接する旧店舗(登録有形文化財)を模した博物館を活用し、町おこしに貢献している点などが評価された、小林新聞舗(ASA平野・大阪市平野区、所長=小林雅治)の「ミニコミ紙『だんじり新聞』発行 平野町ぐるみ博物館(新聞屋さん博物館)運動」が選ばれました。このほかに地域貢献賞に7件の活動に選ばれました。

ミニコミ紙「だんじり新聞」発行 平野町ぐるみ博物館(新聞屋さん博物館)運動

小林新聞舗(ASA平野) 所長 小林雅治

  • 実施期間:1983年~(ミニコミ紙発行)/1993年~(博物館運動)
  • 実施地域:大阪市平野区
  • 活動概要:



大阪市平野区の小林新聞舗は、1889(明治22)年創業で大阪市内最古の朝日新聞の老舗販売店。6代目の小林雅治所長は、地域住民の役に立てる販売店を目標に日々活動している。

同店が発行するミニコミ紙「だんじり新聞」は1983年に始まり、通算で400号を超えた。現在は2か月に1回の発行で、地元の歴史や話題、食事処などを紹介している。区役所などにも配置され、地域の読者に親しまれている。

小林新聞舗が運営する「新聞屋さん博物館」は、モダンなアーチ型窓を構える大正風の外観が特徴で、隣接する旧店舗(国の登録有形文化財)を模している。館内には、明治期の紙面や号外、日露戦争をモチーフにしたすごろくなどの付録、珍しい新聞販売資料・写真など200点を展示。地元の小・中学生の課外授業を定期的に受け入れている。有志グループ「平野の町づくりを考える会」が取り組むミニ博物館運動「町ぐるみ博物館」に当初から参加し、地元で行われるイベントに会場を提供するなど、町おこしに貢献している。
※小林雅治(こばやし・まさはる)

地域貢献賞(7件)

震災後10年続く地元中学生とのワークショップと「読売中学生新聞みやぎ」の発行 宮城県読売会
89歳所長が贈る心温まるミニコミ紙によるシルバーサポート 読売センター大湊 所長 浅沼良子
若年求職者に対する就職支援のためのNIB、地域企業でのNIB活動 
小・中・大学のNIE
(株)岩手日報都南センター 代表取締役社長 大志田雅彦
文京区ハートフルネットワーク事業 文京区新聞販売同業組合
教育委員会と全系統の社と店が連携し、小中学校の教室に新聞を届けている活動 特定非営利活動法人 一宮がっこうおうえん隊 理事長 青木俊憲
地域交流を深める温かなミニコミ紙「ひだまり」発行~地域の防犯・交通安全の啓発活動で表彰~ 北日本新聞有沢販売店 店主 中橋正行
前店主 中橋友子
災害時の情報提供 北國新聞販売志雄営業所 配達員 西塔正樹

(順不同・敬称略)

ページの先頭へ